購入初心者でも失敗しない中古車選びの秘訣3つ

購入初心者でも失敗しない中古車選びの秘訣3つ

自分は車に詳しくないから中古車を購入するのは恐いと感じている方は多いです。
中古車のイメージは状態が悪くすぐに壊れてしまうと言うものです。
確かに状態の悪い車もありますが、しっかりと選べば状態が良いだけではなく自分が欲しかったオプションもついていて、かなり安く買えると言うメリットがあります。

なので、今回は初心者でも失敗しない中古車選びの秘訣を3つご説明します。

中古車選びは修復歴有りも選択肢に入れておく事

状態の悪い中古車とは主に事故車の事やパーツが摩耗していて交換時期ギリギリのもので、
購入後すぐに修理などの費用が発生する可能性のある車を状態が悪いと言います。
なので、事故車はまず避けるべきです。
しかし、ここで誤解している方が多いポイントがあります。
それは「修復歴有り」=「事故車」と思ってしまい選択肢から外してしまう事です。
確かに修復歴有りは事故を起こしている可能性は高いのですが、定義は骨格部分(フレーム)の交換・修理をした車の事です。
つまり、事故を起こしていなくても骨格に関わる部分を交換した場合は「修復歴有り」になります。
逆に言えば事故を起こしていても骨格部分の交換・修理をしていなければ「修復歴有り」と表示されません。
むしろ、修復歴有りはしっかりと修復している事になります。
修復歴無しと言って事故車ではないと思い失敗してしまうケースは多くありますので修復歴の有無にとらわれずに探す事です。

中古車探しは一期一会

いいなぁと思っていた中古車が気が付いたら売れてしまってガッカリする事は多々あります。
中古車は人と同じで全て仕様・条件が異なり、同じ中古車は1台として存在しません。
なので、もし自分の条件にぴったり合う車を見つけたら迷わずに実物を見に行き判断する事です。
効率の良いやり方としては、平日にウェブサイトなどからいくつか気になる車をピックアップします。
そして、休日にそれぞれのお店に電話をかけて在庫の確認をしてから、実物を見学して回ります。
ここで大事な事は購入する気持で回る事です。
大きな買い物で失敗したくないと言う気持ちから慎重になり過ぎてしまうと良い車を逃してしまいます。
購入する気がないのに、とりあえず見に行く位の気持ちで出かける事は避けるべきです。

中古車に妥協はしない事

ぴったりと自分の希望の条件に合う物が出るまではひたすら待つ事も大事です。
「状態は文句ないけど金額が高い」
「金額は良いが走行距離が多すぎる」
など良い事と悪い事があり、なかなか自分の条件に合う物がなくまぁこれで良いかと妥協して購入する方もいます。
しかし、何か一つでも妥協してしまうと後々必ず後悔します。
忍耐強く待っていると自分の条件にぴったりの一台は必ず出てきます。
妥協なく買った車は新車以上の喜びで満たされ後悔する事なく長く大切に乗ります。
中古車は購入者の気持ち次第でガラクタにも宝物にもなりますので、妥協する事は禁物です。