車の売却価格を決める要因とは?

車の売却価格を決める要因とは?

「車を高く売りたい」と思うのであれば、車を高く売るためにはどうすれば良いのかを知る必要があります。何も知らない状態で偶然良い結果が出たとして、それを良しとしてしまえばより高く売れる可能性を無視する結果になります。偶然ではなく必然で高額売却を実現することが重要です。

車の売却価格を決める要因とは

中古車査定において、「何が評価を決める要因なのか」を知ることは大切です。中古車の売却価格を左右する要因は一つではありませんが、効率良く評価を上げる方法を知っていれば、同じ車でも結果は大きな違いが出ます。例えば、査定項目には次のようなものがあります。
・車種
・年式
・グレード
・走行距離
・見た目のキレイさ
・エンジンなどの状態
他にもたくさんの項目がありますが、こういった評価項目を一つずつ採点していき、最終的に残った点数によって買取価格が決まるという流れが基本です。簡単にかみ砕いて言えば、「多くの人が欲しいと思える車ほど高く売れる」ということです。希少価値があるなどの状況を除けば、より大きなニーズが期待できるほど価値は高くなり、ニーズがなくなるほど価値が下がると覚えておきましょう。

どこに売るのかも大切

車の評価を決める要因が分かったとして、それらの項目に対する対策をしてさえいれば良いという訳ではありません。しっかりと準備、対策をしたにもかかわらず期待するほどの評価を得られなかったとすれば、せっかく対策をするために費やした時間や費用(コスト)がすべて無駄になってしまいます。せっかく対策をしたのであれば、そのことを最大限評価してもらえる方法を実践することが必要です。

例えば、ある中古車買取業者では10万円という評価になったとして、別の中古車買取業者では20万円という結果になる可能性はあります。10万円と100万円というような極端な違いが出ることはあまりありませんが、数万〜数十万円程度の違いは中古車買取業者選び次第で簡単に変わってしまいます。よって、「一番高く買い取ってくれる業者に売る」ということがポイントになります。

とはいえ、どこの中古車買取業者が高く買い取ってくれるのかは分からないので、実際に査定を受けてみて結果を比較するか、もしくはネットを活用するなどして過去の実績から推測するといった方法で候補を絞ることになります。

今なら「一括査定」がおすすめ

複数の中古車査定を受け、その結果を比較検討する方法が最も確実ですが、そのためには当然、複数の査定申し込みと査定対応が必要になります。1件や2件ならそれほど大変さは感じませんが、5件や10件ともなれば負担は非常に大きくなります。その結果、申し込み件数を減らして負担を軽減するという選択をすることが多くなってしまうので、結果的に最善の選択がしづらい状態になります。

しかし、一括査定を利用すると簡単に複数の査定申し込みをすることができるようになります。複数の査定申し込みができるということは、それだけ多くの比較要素に基づいて判断ができるので良い結果を選べる可能性も高くなります。また、一括査定を利用するだけでも結果が良くなりやすいという特徴もあるので、仮に2〜3件ほどしか申し込みをしない場合であっても、積極的に利用しておいた方が良いでしょう。