中古車買取の体験談。査定に出す時期についての注意点とは?

中古車買取の体験談。査定に出す時期についての注意点とは?

中古車の売却に関する体験談

中古車を売却する時に、できるだけ得したいというのは誰でも思うことですよね。
私もそんな気持ちであれこれ悩んだ結果の体験談から、売却時の抑えるべきポイントをまとめてみました。

自分の愛車査定相場をきちんと把握しよう

いきなり車の査定を依頼し、出てきた金額を見ても、それが高いのか安いのか判断できないですよね。
最近ではネット上で簡単査定のできるサイトもありますが、これは年式やグレードなどで大まかな査定額がわかるだけで、実際の査定額と大きく異なる場合もあります。ほんの雑学レベルの情報ですので、ないよりまし程度だと理解しておきましょう。
愛車の査定額を知るのは、やはり実際に業者に査定してもらうのが一番です。このとき近くの買取業者に1件1件まわるのは大変ですので、ネットにある一括査定サービスを利用するのが効率的です。このサービスを利用すれば、ネットで申請後に各業者からメールでおおよその査定額の連絡と訪問査定のアポイントをしてきます。この時点で自分の愛車車種に力を入れている業者は高値で言ってくるので、そんな業者を2,3社に絞って訪問査定のアポイントを取ります。業者を絞らないと10社くらいの全部を訪問査定させると、非常にしんどいですので予め絞ることをお薦めします。
訪問査定での注意点としては、なるべく即決は控えましょう。業者も他社が査定しているとわかってますし、訪問する手間もありますので、できるだけその場で契約したいと思ってます。交渉の際は今契約してくれれば上乗せします等の言い方で、なんとか即決をせまります。そこをぐっと我慢して査定額が出揃ってから決めることが重要です。
この方法で3社くらい査定すれば、自分の愛車の査定額は正確に把握できるでしょう。

売却のタイミングを見定める

車を売る時というのは、買い替える必要があるためとか、他に理由があってのことが多いので、なかなか売るタイミングを選ばないことが多いと思います。ですが、タイミングによってはさらに高額で売れる場合もあるので、タイミングに余裕を持てる方は時期を見定めてから売却をお薦めします。
例えば、売却する車の人気度です。現行型の車であれば当然中古車での人気も高いでしょうし、買取業者によっては指定車種の特別買取キャンペーンを行う業者もあります。
人気車種だったのに、現行型の人気がいまいちで旧型の方が人気があるパターンもあります。ですので、まずは愛車のこうした情報は抑えておくべきでしょう。また、4月は新社会人が車デビューする時期で中古車を買い求める傾向があります。このタイミングを狙って3月くらいに車を確保したいと業者は考えますので、交渉によって金額アップも狙えます。

総括

前述のことから、まずは自分の愛車相場を把握しておくことで、買取業者で査定するとき、また中古車購入時の下取り査定するときも比較対象として交渉の手段に使えます。
また、タイミングはできれば3月に買取キャンペーンをしている業者に絞って交渉していくと、より高値で契約できるはずです。ただし、新車購入を検討している場合は査定額に値引き要素も加わり、ディーラー下取り額も高値になる可能性があるのでその要素も理解しておくと良いでしょう。