中古車売却時の流れ、ローンが残っているときの注意点

中古車売却時の流れ、ローンが残っているときの注意点

中古車買取店への売却の流れは?

中古車買取店に買取して貰う場合はまずは中古車買取店探しから始めます。
名前の知られている大手から地域密着型の中小まで中古車買取店は様々です。
査定方法には持込査定や出張査定があり、中古車買取店により異なります。
どの査定方法を採用しているのか、事前に確認しておいて下さい。
中古車買取店が見つかったら持込査定、または出張査定の申し込みを行います。
最近ではホームページから申し込みできる中古車買取店が増えています。
持込査定の場合は店舗まで直接車を持込して査定を受けて下さい。
出張査定なら自宅に居ながら査定を受けることが可能です。
査定員は外装や内装、走行距離、エンジン回り、修復歴の有無など様々なポイントをチェックしています。
査定の基準は中古車買取店によって異なりますので、複数の中古車買取店で査定を受けると良いでしょう。
買取して貰う中古車買取店が決まったら、売買契約を結びます。
契約後のキャンセルには違約金が発生することがあるため、売却が本当に今必要なのか良く考えてみて下さい。

必要書類を準備しておく

中古車買取店と契約するときに必要書類の提出が求められます。
このときの必要書類は普通自動車と軽自動車で若干異なります。
普通自動車の場合は自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、印鑑登録証明書、リサイクル券、譲渡証明書、委任状などです。
自動車検査証、自賠責保険証明書は車のダッシュボードなどに保管、自動車納税証明書や実印、印鑑登録証明書はタンスなどに保管している方が多いと思います。
リサイクル券はリサイクル料支払い済みなら持っているはずです。
譲渡証明書、委任状は中古車買取店の店舗で作成します。
ホームページからダウンロードできる中古車買取店もあります。
軽自動車の場合は自動車検査証、自賠責保険証明書、軽自動車納税証明書、印鑑、リサイクル券、自動車検査証記入申請書などです。
印鑑は実印でなくても認印で大丈夫です。
認印は中古車買取店で用意している自動車検査証記入申請書に捺印するときに必要です。
後で無かったと言うことになるとスムーズな売却ができません。
必要書類にはどんなものがあるのか事前に質問してみて下さい。

ローンが残っている場合は?

自動車ローン、マイカーローンを組んで車を購入しまだ返済中と言う場合は車の名義に注意して下さい。
車の名義がディーラー、またはローン会社であったときは名義変更が行えません。
そのため所有権の解除を行うことが必要です。
所有権の解除手続きが分からないときは中古車買取店に質問してみて下さい。
名義変更の手続きは中古車買取店が代行してくれることが多いです。

買取代金の支払い方法は?

買取代金の支払いはその場で現金払い、後日振込と中古車買取店によって異なります。
後日振込の場合は口座情報のメモも準備しておいて下さい。
いつまでに振込して貰えるのか事前に聞いておいて下さい。
その場で現金払いなら口座情報は不要です。
売却が完了次第、新しい車を購入する資金にできます。