車を2回買い替えた私が考える、中古車査定と購入の注意点

車を2回買い替えた私が考える、中古車査定と購入の注意点

私は過去に2回、車を買い替えています。下取りに出したり廃車にしたりと様々経験してきましたがその時に感じた事や思った事などを体験談を踏まえて書きたいと思います。

車を乗り換えようと思ったキッカケ

車を乗り換えようと思うキッカケは人それぞれ様々な理由があると思います。私もいくつか理由はありますが、1つは乗っている車に飽きた時です。車は高価な物ですから飽きたからと言って簡単に交換できるものではありませんが、長く付き合うことになりますから、やはり自分の好きな車に乗っていたいと思いますよね。私が1番最初に買った車ですが免許取りたてということもあり軽自動車を選びました。しかし半年ぐらいで飽きてしまいミニバンに乗り換えました。二重ローンになったりと面倒な部分はありましたが、この時に多少高価な買い物になったとしても自分が好きな車、乗りたいと心から思う車に乗るべきなんだなと感じました。他にも家族が増えたから大きな車を買うとか、たまにしか乗らないから維持費が比較的安い軽自動車を買うとか様々な理由があると思います。価格や条件もたくさんあると思いますが、やはり1番重要なのは乗りたいと思う車を買う事だと私は思います。

査定に出す時に気をつけたい点

車を乗り換える場合多くの人は現在所有している車を下取りに出すと思います。その査定額によって購入する車の総額が変わってくる場合があります。なので1円でも高く下取りしてもらう事が重要です。私も車を下取りに出した経験がありますが下取り価格の交渉は必ずすべきだと思います。単に提示された金額を鵜呑みにしてしまうのはもったいないと思います。交渉はもちろんですが時間に余裕のある方は1社でも多くの買い取り業者に査定してもらうと良いと思います。買い取り業者によって価格が変わる場合もありますので。後は後々買い替えることを予想しておいて今乗っている車を大事に扱う事です。当たり前の事ですがメンテナンスを怠っていると余計な修理費がかかったり思わぬ故障やダメージがあって買い取り金額が大幅に下がってしまう可能性もあります。オイル交換や車検時のメンテナンス、ちょっと気を使うだけで車の状態には大きな差が出てきます。車の傷も同じです。小さな傷でも放置していれば大きな錆などになってしまうこともあります。万が一細かい傷をつけてしまったら早めに修理に出して綺麗な状態を維持しておきたいです。それが後々、下取りに出した時に大きな違いになってきます。

中古車の購入で気をつけたい点

中古車を購入するとなれば同じ車種でも車1台1台の状態は違います。購入する前に可能ならば試乗してみるのが1番だと思います。展示場においてある車全て商品ですから綺麗に洗車されているのは当たり前です。しかし綺麗で良い車に見えても実際に乗ってみると異音がしたり想像していたのと違うという結果になっていしまいます。あとは情報誌に書いてある事を鵜呑みにしないこと、車のプライスボードに書かれている情報を鵜呑みにしないことです。例えば、販売されている車が事故車だった場合。販売員はわざわざマイナスイメージになることを言いません。聞かれれば当然答えなければなりませんが、全てをプライスボードなどに記載している訳ではないので注意が必要です。なので細かい事でも自分が気になる点は全て聞いた方が絶対に良いはずです。私も中古車を購入してよく調べてみたら実は事故車で修理歴がある車だったという経験があります。新車を買うなら話は別ですが中古車の場合、車の状態は千差万別です。車選びには十分に時間をかけるべきだと思います。

このようにテーマを絞って書いてもみましたが、車の購入に関して気をつけたい点はまだまだあると思います。人によって気にする点も違うと思います。でも車は簡単には買えない高価な物ですから妥協せず本当に欲しい物を買うようにした方が良いと思います。