中古車を売却する時に押さえておきたいポイント

中古車を売却する時に押さえておきたいポイント

新車を購入する時に今まで乗っていた車をディーラーに下取りに出したり買取業者に買い取ってもらいますが、押さえておきたいポイントがいくつかあるのでしっかり把握しておく事が大切になってきます。そこで中古車を売却する時に押さえておきたいポイントを挙げていく事にしましょう。

売却する中古車のボディや室内を綺麗にしておく

中古車を売却する時はなるべく高い金額で売却したいのが本音でしょう。中古車を高い金額で売却するためにはまず見た目が大切になってきます。業者に良い印象を与える必要があるので売却する中古車のボディや室内を掃除して綺麗にしておくと効果的です。中古車を売却する前に車の掃除をしておきましょう。

ボディの外傷などは自分で修理しない

中古車を売却する前に業者に良い印象を与えるためにボディの外傷などを自分で修理してしまう人がいます。しかし素人が修理すると職人が修理する時より見栄えが悪くなってしまうので逆効果になってしまう可能性が高いです。それにより査定額が安くなってしまう事もあるので中古車を売却する前にボディの外傷などを自分で修理するのは絶対止めましょう。

買取査定に出す方が高額で売却する事が出来る

中古車を売却する時はディーラーに下取りに出す方法と買取業者に買取査定に出す方法がありますが、買取査定に出す方が高額で売却する事が出来ます。新車を購入する時にディーラーに下取りに出した方が手続きに手間がかかりませんが、ディーラーは新車の販売をメインにしているので下取りしてもらう時は高額になる事はほとんどありません。しかし買取業者は中古車の買取をメインにしているので高額で売却する事も出来ます。中古車を高額で売却したい時は買取業者に買取査定に出す方がいいでしょう。

買取査定に出す時は複数の業者から見積もりを取る

中古車を買取業者に買取査定に出す時に1社だけしか見積もりを取らない人も多いですが、高額で売却する時は複数の業者から見積もりを取る必要があります。査定ポイントが業者によって異なってくるので査定された金額も当然異なってきます。1社だけしか見積もりを取らないと相場価格より安く査定されてしまう可能性もあるので最低でも3社以上から見積もりを取って比較して売却する業者を選ぶようにしましょう。

査定された金額の内訳もしっかり確認する

中古車を買取業者に買取査定に出すと買取金額を査定してくれますが、査定された金額だけではなく内訳もしっかり確認する必要があります。査定された金額の中に自動車税などの還付金は含まれているかなどを確認しておかないと査定された金額に含まれていなかった時に還付されなくなってしまいます。買取金額が査定された時に内訳もしっかり確認するようにしましょう。

中古車を売却する時に押さえておきたいポイントはこのようにあるのでしっかり頭に入れておきましょう。しっかり頭に入れておけば中古車の年数が経過していても高額で売却する事も可能です。