一括査定サイトによる中古車の買取にデメリットはある?

一括査定サイトによる中古車の買取にデメリットはある?

現在では中古車の買取で、一括査定サイトを利用する方が増えました。

カーセンサーやズバット車買取、かんたん車査定ガイドやカービューなど大手の企業も積極的に参入しており、以下のようなメリットがあります。

・複数の会社へと見積もりを出してもらうことで中古車の売却価格を把握できる
・複数社へと査定の依頼を出すことによって業者間で競争させて高い金額で買い取ってもらえる
・自分から無理に交渉しなくても勝手に競い合ってくれるので口下手な人でも安心

何よりも高額の買取が期待できる点が大きなメリットです。

しかし、一括査定サイトを利用するに当たって幾つかのデメリットもあるので、サービスへと登録する前にしっかりと確認しておきましょう。

複数の買取業者から電話やメールが一度に来る

一括査定サイトはサービスへと登録すると、自分の代わりに複数の買取業者へと査定の依頼をしてくれます。

最大で10社までと設定しているサイトが多く、一度に電話やメールが来るのがデメリットです。

・仕事をしている最中だと引っ切り無しに電話がかかってきて面倒
・自宅にいても複数の買取店とやり取りしなければならないので混乱しやすい
・店名や担当スタッフ、出張査定の日程など間違えずにメモしなければならない

このような対処に追われやすく、「あなたの中古車を実際に見せてください」という連絡の内容なのでシステムの特性上仕方がありません。

それでも、自分が忙しい時に電話がかかってくるのは煩わしいので、一括査定サイトへと登録する際に連絡の方法を電話ではなくメールのみと設定してください。

複数の査定員とやり取りをしなければならない

一括査定サイトで最大で10社まで依頼し、全ての買取業者で出張査定を希望すると複数の査定員とやり取りを行う形となります。

1社当たり30分間と短く見積もったとしてもトータルで5時間を費やすので、時間を削られやすいのがデメリットです。

丸一日休みの日であればまだしも、忙しい合間をぬって出張査定をしたいと考えている人はある程度買取業者を絞った方が良いでしょう。

また、出張査定へと来るスタッフの中には以下のようにくせ者も何人かいます。

・電話やメールでの連絡がしつこい
・何が何でも即決を促す
・相手が嫌がるような常識ハズレの営業を行う
・難癖つけて査定額を下げようとする

こんなセールスマンに当たれば気分が悪くなりますし、「買取を依頼したい」とは思わないので、感情的にならずに後々に電話でお断りの連絡を入れてみてください。