中古車の買取と下取りの違い!メリットとデメリットは?

中古車の買取と下取りの違い!メリットとデメリットは?

中古車を売却するに当たり、買取と下取りの2種類の方法から私たちは選択できます。

大まかにどのような違いがあるのか以下では簡単にまとめてみました。

中古車の買取:専門店へと今乗っている車を売却して現金を得る
中古車の下取り:車を購入する販売店で売却して新しい車の代金に充てる

「中古車を売る」という点では一緒でも、意味合いが大きく異なることがお分かり頂けるでしょう。

中古車を下取りに出すメリットは?

中古車をディーラーへと下取りに出すに当たり、どのようなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

・自動車の売却と購入が一度にできるので手続きが簡単
・値引きできない分を多少は下取り価格で補填してくれる
・全てを専門のディーラーへと任せる形となるので信頼関係が築ける
・オークションで人気のない車は意外と高値が付きやすい

「もう今の生活に車は必要ない」という方であれば、下取りに出す意味はありません。

しかし、次の新車や中古車への乗り換えを考えている場合、下取りの方が手続きが遥かに楽なのです。

中古車を買取に出すメリットは?

次に中古車を買取に出すメリットを見ていきましょう。

・人気装備が査定価格にダイレクトに反映されるので高値が付きやすい
・中古車を買い取ってくれる専門店で売却できる安心感がある
・複数社へと競合させれば査定額の大幅なアップが期待できる
・下取り査定が0円の古い車でも少なからず値段が付くことがある
・不動車や事故車でも業者によっては買い取ってくれる

下取りよりも高値が付きやすいのが大きなメリットで、現金を貰った後に別の専門店で新たに新車や中古車を購入することはできます。

それに、お店が得意とするブランドを上手く見つけることができれば、通常よりも高めの値段を付けてもらえるのでお得なのです。

中古車の下取りは買取よりもデメリットが大きい!

「結論としてどちらが良いのか?」という質問に対しては、圧倒的に下取りよりも買取をおすすめします。

中古車の下取りはデメリットが大きく、そもそもお店が持つ役割が異なるので注意しなければなりません。

・買取専門店は車を売るためのお店
・下取りを行う販売店は車を買うためのお店

このような役割の違いがあり、下取りに出すよりも買取専門店で査定してもらった方が確実に高値が付きます。

利用者の売却実績のアンケートを見てみると、2つの方法で平均差額が15万円近くもありました。

仕事が忙しくて車の売却に時間を割けない人はいますが、できる限り買取専門店へと依頼してください。