中古車の買取は車検前と車検後のどちらが良い?

中古車の買取は車検前と車検後のどちらが良い?

中古車の買取価格を決める要素の一つが車検の有無です。

車検前と車検後では差が出やすく、その理由について見ていきましょう。

車検前の中古車:買い取ってから車検へと通さなければならないので査定額は低くなりやすい
車検後の中古車:車検の諸経費がかからず、直ぐに次のお客さんへと販売できるので査定額は高くなりやすい

車検のない車は諸経費が発生し、お客さんから支払ってもらう金額がどうしても高くなります。

一方で車検を通した後であればお得感があると見られ、販売する時に有利となるので中古車を買い取る際に多少は水増ししてくれるのです。

実は車検前のタイミングが売り時!

査定額がアップしやすいと聞き、「もう少しで車検だから通してから買い取ってもらった方が良い」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、結論から言うと車検前のタイミングの方が売り時として適しています。

・車検が残っている期間が長ければ長いほど買取業者からの評価が高くなるのは事実
・それでも売却前に車検を通しても、そのコスト分が必ずしも上乗せされるとは限らない
・車検が10万円以上かかるようだと回収するのは難しい

このような特徴があり、車検を通してから中古車の買取に出す方法は得策とは言えないのです。

テレビのコマーシャルでは、「車検切れでも買取OK」という宣伝文句を見掛けることが多く、実は整備後の再販に向けた大きなコストにはなりません。

中古車の売却では1円でも高く買い取ってもらうのが先決ですし、他のコストが膨らむと最終的に手にできる金額が少なくなりやすいので十分に注意してください。

車検前ギリギリだと足元を見られやすい

中古車の売却は意外と難しく、車検前かどうか気にする必要はないとしても、やっぱりギリギリで買取査定の依頼をすると足元を見られやすい傾向があります。

・このお客さんは車検に通すのが嫌だから売ろうと思ったのではないか?
・あまり査定額を上乗せしなくても気が引けているはずだから大丈夫だろう

熟練の査定員であれば上記のように考えるので、希望の金額になりにくいと心得ておくべきです。

しかし、「マイナス査定になってしまいますね~」と大きく減額されたとしても、私たちにとってはそこまでのデメリットではありません。

中古車を買い取ってくれる業者はたくさんありますし、もっと高い金額を掲示してくれるところを探せば良いだけです。

複数社の比較で数十万円程度の違いが出るケースは多く、1社だけに拘らないようにしましょう。